iPhoneのケースについて

TOP > iPhoneのケースについて

iPhoneのケースについて

iPhoneは防水性能がありませんし、耐衝撃性も高くないスマートフォンと言われてきていますが、世代を更新するごとに強化されてきています。


特にiPhone6以降は防水性能が高まっており、メーカー側の保障はありませんが、雨程度では浸水しないとも言われています。
また、衝撃性能については強化ガラスなどを利用されてはいますが、まだまだのようです。

iPhone7の予約をご提案いたします。

そのため、いろいろなタイプのケースを利用する方が増えてきています。



iPhone用のケースはバンパータイプからすべてを覆うタイプまでさまざまあります。
アップル自身で販売しているのはバンパータイプであり、デザインを重視するために選ばれているようです。



しかし、全体を保護したい、自分だけのデザインのケースが欲しいという方も多く、ケースはiPhoneがバージョンアップされるたびにたくさんのメーカーが販売しています。

ケースはデザイン性の他に特殊性能でも選べるようになってきています。特に防水、耐衝撃、傷防止はさまざまなメーカーが技術を投入してきており、ユーザーの選択肢の幅が広がっています。防水についてはケースが厚くなってしまうのですが、海でも使える万能タイプが多くなっており、中には数十分も海水で耐える機能を持ったり、耐衝撃性能が高いモデルもあります。

どのモデルもカメラ性能を捨てない使い勝手が好評を得ており、場所を選ばずにiPhoneの機能を全て使える万能ケースが多くなっています。

Copyright (C) 2016 iPhoneのケースについて All Rights Reserved.